EN KR CN

お客様へ

1F
HOUSEmusic

2F
HIPHOP

3F
AMUSEMENT

4F
ALLMIX/OPENFORMAT

✕ CLOSE

NEWS

2019.11.15

SPECIAL GUEST

DJ MINAMI / DJ B=BALL

11/23(SAT)

世界で活躍している「DJ MINAMI」と「DJ B=BALL」が2F SUP「Finesse」に登場! DJ MINAMI 1990年代初頭のクラブカルチャー黎明期から大阪のHipHopシーンを支えてきた、日本を代表するパイオニア。 キャリア初期に敢行したナイトクラブの本場・アメリカ、その中でもHipHopの聖地として知られるNew York訪問をきっかけに、今や伝説とも呼ばれ、自身の名を世に広めるきっかけとなったParty『SOUL FREE』をスタート。 盛況ぶりは各種メディアにも取り上げられ、絶大な影響力を誇った。 国内での自身のキャリアアップと並行して、New Yorkを中心に、観光スポットさながらの動員数を誇る大箱から、現地住民がライフスタイルの一環として音楽を楽しみに来る小箱まで、大小様々な場所でのDJプレイを毎年のように経験。 ’05-’06年には、アメリカ東海岸ツアーを2年に渡って行い、自身の音楽観や揺るぎないバックボーンを築き上げた。 その後も、MiamiやLas Vegasなど世界最大級のナイトクラブがひしめき合うホットスポットへと足を運び、本場の空気を常に肌で感じ吸収。 刺激を受け、常にアップデートを続ける自身の音楽観と、幾多の渡米を経て形成された確固たるビジョンを以て、日本のダンスフロアーに本場・アメリカさながらの空気感を提供し、自ら先陣を切って、日本有数のパーティータウン・大阪のナイトクラブシーンの舵を取る。 この道20年を超える豊富な経験と、楽曲に対する確かな審美眼で、ダンスフロアーを常に盛況へと導き、シーン最重要パーティーのヘッドライナーを歴任。アメリカはもちろん、近年では、韓国・上海・台湾・ベトナム・シンガポール・インドネシア等、アジア諸国でのギグを敢行。 そして、2014年から「日本から世界へ発信」をテーマに掲げ開催がスタートした音楽フェス【Music Circus】への連年にわたる出演と、キャリア初期から現在に至るまで、断続的に活動の幅を広げ続ける、クラブシーンを語る上で避けては通れない業界最重要人物である。 Twitter:https://twitter.com/djminami Facebook:https://www.facebook.com/djminami Instagram:https://www.instagram.com/djminami Soundcloud : https://soundcloud.com/djminami Blog:http://djminami.blogspot.jp/ DJ B=BALL クラブシーンにおける「DJ」というカルチャーが誕生以降、長い年月を経てどれだけ拡散し、今やその定義すら曖昧になろうとも、その本質的な構図だけは決して変わらない。 つまり、この文化とは99%以上の現状に甘んじるDJ=Followerたちと、1%未満の明確なヴィジョンを持った、シーンの未来を切り開くDJたち=新たなLeader、二つの人種のみによって構成されている。 そして、DJ B=BALLとは紛れもなく後者。 DJを通じて大阪から日本、そして世界へと、多くの人の心を揺るがすことのできる希有な存在だ。 2000年代初頭より大阪を拠点に、なんら特別に恵まれた人脈も持たない「いちHIPHOP DJ」として始まった彼のキャリアに近道はなく、名もなきOpen Up DJから10数年、欧米、アジアでのDJツアーを成功裏に収めるなど活動のフィールドを劇的に拡大した現在に至るまで、その過程は決して平坦ではなかったが、常にクラブシーンの新たな刺激、潮流に着目し、日本人DJとしてのアイデンティティに拘り、己のセンスのみを拠り所に様々なジャンルを縦断、吸収。 プロデューサー業もこなし、気の遠くなるようなトライ&エラーを繰り返しながら一歩ずつ着実に進んできた彼の道のりは、変化を恐れなかった表現者だけが手にすることのできる、気高いクリエイティヴィティに充ちている。 著名DJコンペティションで日本王者に輝くなど幾多のタイトル、1 DJによるDJingの可能性を追求したクラブイベント「One Band」開催(2016年、2017年、2018年)、Amazon Primeの人気番組”DOCUMENTAL”オープニングテーマ曲提供、メジャー・アーティストの楽曲制作など、姿勢のみならず明確な「結果」を示し、純粋な音楽の力を武器に己の存在を証明し続けるDJ B=BALLの活動からは、常に昨日よりも進化し続けるDJカルチャーの未来を感じ取ることができるはずだ。 HP : http://djbball.net/ Twitter : https://twitter.com/djbball Facebook : https://www.facebook.com/djbballdbb Instagram : https://www.instagram.com/djbball/

2019.11.15

SPECIAL GUEST

FreshNess-Cut

11/30(SAT)

2019 BEST HIPHOP MIX をリリースした「FreshNess-Cut」が2F SUPに登場! 独自のグルーヴ感、スクラッチなど武器にFreshNess-CutがW_D_H WHAT’ DANCE HIP-HOPを盛り上げる! FreshNess-Cut 1996年生まれの23才。16歳の頃にDJとしてのキャリアをスタートさせる。HIP-HOPを中心としながらもEDM、Reggaeとジャンルに囚われず、フロアの観衆を確実に自分の世界に引き込むオープンフォーマットスタイルが特徴的だ。 またスクラッチ、2枚使いも武器としており2016年 VANITY Osakaで行われたJDCというバトルイベントでは圧倒的得票数で2年連続の優勝を成し遂げ、同世代を中心に力の差を見せつける。 大阪ミナミの深夜帯の主要ナイトクラブでのレギュラーイベントに加え東京、名古屋、福岡など全国15の都府県のクラブにゲスト出演した経歴を持つ(2018年12月現在) そして2017年自社レーベルであるMachiavell Recordsを設立。定期的なMixの配信や楽曲製作、プロデュースにも力を入れている。Machiavell Recordsの3人組ユニットであるGang AgeのOfficial DJも務め2018年6月にはAbema TVのHIP-HOPチャンネル【Abema Mix】に出演する。 更に2018年10月 大阪HIP-HOPの本場と謳われるPURE Osakaにて同世代のDJ cer0と共に週末イベントのオーガナイズをまかされ、240分のB to Bで大阪中の話題をかっさらったのである。 2018年11月17日には同じくDJ cer0と共にDJ Mag TOP100Clubsに選出されたPICCADILLY Osakaにて開催されたKID INK 来日大阪公演の前座に抜擢されるなど、着実にステップアップし続けるFreshNess-Cutの今後の動向に目が離せない。 Twitter:https://twitter.com/DJFreshNessCut Instagram:https://www.instagram.com/djfreshnesscut Mixcloud:https://www.mixcloud.com/inuikatuyosi2/

2019.11.09

SPECIAL GUEST

KICK OFF

11/23(SAT)

東京から最強ユニットDJ KICK OFFが3F KEYに登場! 毎週第4土曜に開催週の世界の最先端House musicを中心に魅了するパーティー「ATLANTIS Night」をSPECIAL GUESTの二人が盛り上げる! KICK OFF m-flo ☆Taku Takahashiが主催したCDJ BATTLEで初代グランドチャンピオンに輝いたDJユニット。 2014年iLOUD 50/50 DJランキングで初登場にして29位を獲得。 コピーライターでもあるFUJIKEN(ヒゲ)の選曲・アイディアに、日本で唯一のCDJ大会CNS BATTLE3ファイナリストDJ GO(タレ目)のミックス技術が融合。 CDJ・ターンテーブルにサンプラーを取り込んだLIVE感のあるPLAYで、Everybody Dance Musicを追求する。国内外トップDJ陣が参加するダンスミュージック専門インターネットラジオ局『block.fm』において、実力派のNew DJ’sをフィーチャーする番組に初回ゲストとして出演。 その後、自身の特番『Hoooooooligan』がオンエアされる。 現在は自らも運営に携わるレーベル「Play decibel」(http://www.playdb.net/)に所属し、ageHa、WOMB、SOUND MUSEUM VISIONなどのBIGパーティでフロアオーガナイズを手がける。STEVE AOKI、SHOWTEK、小室哲哉らが出演した関西最大級のフェス『MUSIC CIRCUS 14』のメインステージ出演をはじめ、京都、大阪、名古屋への遠征出演を重ねるなど活躍の幅を全国的に広げている。 facebook:https://www.facebook.com/kickoffdj FUJIKEN Twiiter:https://twitter.com/fujiken_KICKOFF GO Twitter:https://twitter.com/go_kickoff SoundCloud:https://soundcloud.com/3o3fujikengo

EVENT CALENDAR

GIRAFFE JAPAN

business hours/19:00~02:00
Street address/Soemoncho Bld., 7-9, Soemoncho, Chuo-ku Osaka-shi, Osaka, 542-0084, Japan.
*The lang-entrance is riverwalk side.
Nearest station / Subway "Namba Station" 15 minutes walk from exit 14
TEL/06-6211-1516 | FAX/06-6211-1517
Google Mapを開く

From Shin Osaka

Midosuji Line Shin-Osaka Station

Subway Midosuji Line

Namba Station

(Exit 14)

From Kyoto

JR Kyoto Station

JR Tokaido Main Line

Osaka Station

(Walk)

Umeda Station

Subway Midosuji Line

Namba Station

(Exit 14)

From Kobe

JR Sannomiya Station

JR Tokaido Main Line

Osaka Station

(Walk)

Umeda Station

Subway Midosuji Line

Namba Station

(Exit 14)

SERVICE

ARCHIVE

GUEST ARCHIVE